無意識の世界から意識的な世界へ

無意識の世界から意識的な世界へ


私達の体は実は無意識に自動運転していることが多くあります。
もちろん、意識的に体をコントロールすることができることも沢山ありますが、血液の流れや腸などの内臓の活動を意識的にコントロールすることはできません。それらは、自律神経の活動により自動的に調整されています。自律神経は互いに拮抗して働く二つの神経、交感神経・副交感神経で構成されています。交感神経は戦闘モード、副交感神経はリラックスモードと相反する働きをしています。どちらが優位が良いというわけではなく、相互のバランスが取れていることで心身の健康が保たれます。

呼吸を制し自律感覚を取り戻す!


自律神経は直接コントロールすることはできませんが、呼吸を介して意識的に働きかけることはできます。
現代人は交感神経が優位になりがちで、過度な緊張が原因の不調が増えているとも言われています。
リラクゼーションのクラスではアーサナや呼吸を介して、心身の過度な緊張状態、自律神経の乱れた状態から本来あるべきバランスのとれた状態へとリセットしていくクラスです!
初心者から経験者まで幅広くご参加可能なクラスですので是非お試しください!!

予約フォーム 

全米ヨガアライアンス認定200時間 RYT200 ヨガスタジオTrinity
アロマセラピーサロン Trinity(トリニティ)

follow me! Facebookページ・Instagram

関連記事

  1. 解剖生理学とヨガ

  2. 身体の癖に気がつくこと

  3. 第2回オリエンタルテラスヨガを開催しました!

  4. インスタライヴに初挑戦

  5. 今できるヨガの練習!

  6. 2021年度RYT200指導者養成講座修了式

最近の記事

おすすめの記事