「自分の中心の軸」

10月に入ってからのクラステーマは「自分の中心の軸」

中心の軸を司る、背骨に意識を向けながらアーサナをとっていきます。
健康な背骨は横から見るとなだらかなS字カーブを描いています。
生活習慣での前傾姿勢は猫背になりやすいと言われています。
頭が前に出る(スマホ首)、腰が反る(反り腰)といった背骨のゆがみは体の動きに制限をかけ、姿勢のバランスを崩してしまう原因となります。

自然なS字カーブを取り戻す


ヨガのクラスでの太陽礼拝のシークエンスは前屈、後屈を繰り返していくうちに自然とS字カーブに近づいていきます。
自分の中心の軸であり幹である背骨を柔軟にしなやかにしておく事で、日常生活でもふいに体勢を崩してもバランスを取れるよになります。
そのしなやかな長い背骨をさらに、ツイストのアーサナを加える事でより背骨の可動域が上がり、効果的に姿勢の改善に繋がります。
逆にヨレヨレの背骨でツイストのアーサナをしてしまうと、上手くツイストもできず、苦しさだけが助長され、さらには怪我につながってしまします。

背骨は一番主要なエネルギーライン!


背骨のラインには一番主要なエネルギーラインが通っているとヨガでは考えられています。
そのラインがヘナヘナ、ヨレヨレしていたら必要な場所へのエネルギー循環も悪くなります。

「自分の中心の軸」を整えて本来自分が持っているポテンシャルを取り戻して、快適なヨガライフを送りましょう!!

全米ヨガアライアンス認定200時間 RYT200 ヨガスタジオTrinity
アロマセラピーサロン Trinity(トリニティ)

follow me! Facebookページ・Instagram

関連記事

  1. 解剖生理学とヨガ

  2. 2020年全米ヨガアライアンス認定TTC始まりました!

  3. 今に繋がるスタートだとは思いもよらずに

  4. 『片岡鶴太郎 ヨガのある暮らし』

  5. Yoga for Naturalist 自然を5感で感じるヨ…

  6. RYT200全米ヨガ アライアンス認定養成講座 2020年度…

最近の記事

おすすめの記事